ラスベガスにあるカジノのシェフの1日

Spread the love

シェフという仕事には、豊かな創造力、味へのこだわり、そして高度な適応力が必要とされます。皆さんはシェフという職業に興味がありますか?シェフはどのように仕事を進めるのでしょうか?彼らの典型的な1日とは、どのような感じなのでしょうか?シェフという仕事の長所や短所とは?

今回は、それらの問いに答えていきたいと思います。

カジノで働くシェフの労働時間

シェフの労働時間は、通常のレストラン、カジノレストラン、ホテル業界、ケータリングサービスなど、勤務先によって異なります。ラスベガスにあるカジノのシェフとアシスタントの典型的な1日について知りたければ、ぜひこのまま読み進めてください。

一般的に、多くのシェフの勤務時間は、早朝(午前7時〜9時半)に始まり、1日の準備から取りかかります。そして仕事の準備が整ったら、第1群のゲストがやってくる前に、同僚と共に食事をとります。スタッフのランチは多くの場合、シェフが用意しています。そして正午あたりに実際の調理業務が始まり、彼の出番となります!

調理業務は午後3時頃に終了します。その後、厨房を一旦清掃して夜の業務の準備を整えます。勤務先によっては、午後3〜5時の間が休憩となっている場合もありますが、必ずしもそうとは限りません!調理チームが昼と夜の交代制になっている場合もあります。昼のシフトのみの場合は、午後5時頃には業務が終了しますが、夜のシフトまで継続することが多くなっています。

午後5時から6時頃には夜の業務の準備が始まります。そして午後7時頃にチームと食事をとった後、ゲストのディナータイムが始まります。夜の業務は通常午後7時半から11時までとなっています。レストランの営業が終了すると、レストランと厨房の清掃を行い、午前0時頃に1日が終わります。

カジノのシェフ業の長所

以下は、シェフという職業の長所です。

  • 前途有望な仕事で、進化する可能性に満ちている(構造、タイプ、トレードなど)。
  • 常に進化しているため、単純作業が存在しない。どの業務も刺激的で成長できる。
  • エキサイティングでクリエイティブ、そしてやりがいがある。
  • 厨房では、同僚との相互扶助と意思疎通なしには業務が成り立たないため、チーム精神が培われもう一つの家族のような強力な絆が生まれる。
  • 良質の食材にアクセスでき、自分で味見し、選別し、組み合わせることができる。美味しい食べ物にめぐりあう機会に恵まれ、この上ない至福を感じられる。
  • ゲストに満足してもらうことで、真の幸福感を感じることができる。
  • シェフであれ、ケータリングを提供する調理人であれ、特定の工程を担当するシェフであれ、強い動機と忍耐力を要する大変な職ではあるが、好きな料理に情熱を傾けることができるため満足度が高い職でもある。

この仕事の難しさ

ケータリング関連の仕事と同様に、シェフという専門職にもいくつかの制約が伴います。

  • 労働時間(1日の労働時間が長い、週末の夜や祝祭日にも働く)。
  • 立ち仕事であることや、厨房内の大幅な温度の変化による身体的な疲労。
  • 怪我や切り傷のリスク。
  • サービスや緊急事態などから生じるストレス。
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x